ブラック/クロスロード

魔王「今日も平和だ飯がうまい」の小説版。グロ注意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王の章・36

王の章・36
煉瓦造りの家々が立ち並ぶ、路地の裏。
私はファンゴの導きによりひたすら突き進む。
いつしか雨は勢いをましていた。
しかし今更濡れ鼠になることを厭う道理もない。
互いに言葉を交わすことなく、その短い道中を終えた。
くだんの教会は、路地の突き当たりにひっそりと建っていた。
塀越しに見える大きな礼拝堂。敷地も中々に広い。
立派な門は固く閉ざされ、荘厳な佇まいだが、中はしんと静まり返り廃墟のような空々しさが漂っていた。
ただ、生き物の気配がいくつか。殺気や恐怖を溜め込んだ空気。
そして、確かにファンゴの言っていたとおりだった。
魔除けの結界が教会をぐるりと取り囲んでいるのを、私は見えないなりに肌で感じ取っていた。

「ふむ」

私はひとつ顎を撫でてから、そっと門扉に手を伸ばす。
ファンゴがびくりと身をすくめるも、私の身には何の変化もない。
ぎぃ……、と重々しい音が響いた。
こうして容易く門を押し開き、ファンゴを振り返り言う。

「私にこのような代物が効くと思うのか」
「はあ……」

腑に落ちないような、微妙な仏頂面を返すファンゴだった。
肩を竦める私である。

「では……そうだな、ファンゴよ。私がまず中に入って術者を倒す。それまでここで待っていろ」
「マジで行くんすか?」
「当然だろう」
「……」

またもファンゴは黙り込む。
私のことを認めないのは結構だが、これはこれで反応に困るのだが。
ふむ。巨人族などアイゼンくらいしか知己がいなかったので、奴らは陽気を絵に描いたような生き物だと思い込んでいた。
見識を改めねばなるまいなあ、としみじみ物思いにふけっていたその時だ。
ファンゴが呆れ返ったような溜息をつき、頭をがりがりと掻いた。苛立ちのような、困惑のような。ファンゴ自身もその感情を持て余しているように見えた。

「こう言っちゃなんだが……あの方に似てますね」
「何だ。父上を知っているのか」
「まあ……昔ちょっと」

ファンゴのぼやきに、私は目尻を下げる。
あのご大層な父上のことだ。
畏れられ、疎まれ、賛美と悪評入り混じった父上の像は語る魔物によってちぐはぐだ。
私はその父上に似ているという。果たしてどの部分が、だろうか。
そのどれであったとしても、私はそれを認めてよいものか。
なんとなく、父上が怒り狂う絵しか脳裏に浮かばない。
自嘲的な笑みで見上げていると、ファンゴはかぶりを振る。

「いや、何も言わねえさ。あんたがあの方の継承者を名乗るなら、まずは見せてもらうとしましょうや」
「くっく……」

分かっているとも、と私はファンゴに背を向けて敷地の中に足を踏み入れた。


礼拝堂を見上げる私。
立派な建物だ。
建てられてからあまり時間は経っていないらしく、白塗りの壁はしみやひびが目立たない。
礼拝堂の裏に、三階建ての寄宿舎らしき建物が見える。
そばには井戸や畑といった生活の場があった。
恐らくその更に裏手には墓地があるのだろうと思った。何とはなしに。
さて、どこから攻めようか。
腰の剣に指を這わせ、私は鼻歌を歌う。
そう遠くはない昔、共に歌ったあの歌だ。
魔物に伝わる子守唄。闇を招く眠りの調べ。
その一節を終えるその前だ。
寄宿舎の窓に小さく動くものがあった。
それは私と視線が交わると、怯えたような表情を浮かべてすぐにその姿を消してしまう。
にまり、と私は笑む。
さぞや凄惨らしき顔を浮かべていることだろうと機嫌を良くし、私はひとまず礼拝堂から招かれてやることにする。
楽しみは後である。


思い鉄の扉をそっと押す。
閂の一つや二つかかっているものと思ったが、それはあっさりと私の力に従い、中へと誘った。
そうして礼拝堂に招かれた。
奥には祭壇があり、赤子を抱いた女神の像が厳かに祀られている。
魔法の灯りも、ろうそくの一本もともされておらず中は薄暗かった。
古い花の甘ったるい匂いがした。
身じろぎの気配が複数。

私はふう、と息を吐く。
そうして一歩。
その一歩を礼拝堂の床におろしきるその前に、私は腰の剣を抜き。
キィン——
空虚な礼拝堂に、ひときわ澄んだ鉦(かね)の音が鳴り響く。
私はそれを力任せに薙ぎ払う。
悲鳴を上げ、襲撃者は椅子を巻き込み転がっていった。
しかし私は手を止めない。足を休めない。
左に小さく一歩。同時、ひゅうと空が切り裂かれる。
私が立っていた場所に一筋の矢が突き刺さった。
その矢尻は、私の右斜め上を示している。
私がそちらに手をかざすと。

「きゃああっ!?」

蛙のような無様な呻きが上がった。
手応え。
見れば上方。天井近くの梁の上で、もがき苦しむ人影が見えた。闇色の霧がその首に巻きつき、ギリギリと締め上げている。
……こっそりと胸を撫で下ろす私だ。
こうした繊細な作業にとんと向いていないので、首を飛ばしてしまうことすら考慮に入れていた。
そうしたことはおくびにも出さないで、涼しい顔を保つ。
周囲の気配は他にもあった。
しかし先の二名の顛末を見て、どう手出しすべきか図りあぐねているといった様子だった。
そのため私は心置きなく、捉えた獲物を眼前に引きずり出すことに専念できた。
まだ年若い、傭兵といった出で立ちの女だ。
宙吊りの状態で首を締められ苦しみながらも、私を射殺さんばかりに目を見開き睨んでいる。
この港町には、商人の護衛として傭兵の食い扶持はいくらでもあるらしい。そのうちの一匹であるのだろう。
それはそれとしてどうでもいい。
闇を消し去り、女を床に落とす。
受け身も取れず、痛みにもがきむせる女に私は剣を突きつける。ひたり、と。

「丁重な挨拶、痛みいる」
「あ、んた……」

そう私は素直な謝意を示すのだが、女は変わらず私を睨むだけだった。
肩を竦める私。
周囲の気配がざわめくのを感じた。
おおい、助けに入らなくても良いのか?死ぬぞ?
私はわざとらしく、ゆっくりとあたりを見回す。
祭壇の影や女神像の裏。
そこかしこに気配はあるが、こちらから手出しするのは面倒だった。
顎を撫でてぼんやりと事態の変化を待った。
すると足元の女は幾度もむせながら、しかし途切れ途切れに言葉を紡いだ。

「見てたわよ……あの、デカい魔物を連れてた奴ね。何者なの……?」
「なに、私は魔王。それだけだ」
「な」

事も無げにそう告げてやると、女は面白いほどに絶句した。
多少得意になる私だ。
何しろ側近から下僕のはずの魔物でさえ、ファンゴのような反応ばかりなのだ。
こうも素直に怖れてもらえると非常に喜ばしい。
突きつける剣をゆらゆらと弄びながら、私はニヤリと笑ってみせる。

「あの噂は本当だったっていうの……魔王が……新たな魔王が魔物を率いているって……」
「まあな」

新た、というほど新しくはないと思うが、仕方あるまい。
私が表舞台に立ったのはこれが始めてのことだ。
とはいえこの空気でそんな訂正をしてやるほど、私は親切でもない。

「さて、この結界を張っているのはどいつだ?この中の誰かか?それとも裏の建物にいるのか?」
「…………」

本題に入るも、女は急に口を閉ざす。
はーあ、と息を吐く。私はそのまま剣を持ちあげる。

「かの者に雷の裁きを!!」

また別の、女の声だった。
私の頭上に光が満ち、瞬間の後に落ち——

「ぬるい」

持ち上げた剣を軽く振るう。
放たれる衝撃波。
それは雷を切り裂き、礼拝堂の屋根を景気良くぶち抜いた。
轟音。
石くれや木切れが雨あられと私に降り注ぐ。
構うものか。声は石像の方から放たれた。
つまり魔法に長けた人間が、標的が、そこに。

「死ね!!化け物!!」
「!?」

足元に転がっていた、死に損ないの女。
鬼のような形相。きらめく短刀。私の首元に一直線。至近距離。
咄嗟に身をよじりかわす。
狙いのそれた切っ先は、勢いを削がれることなく線を描く。
私の頬を切り裂き、耳をかすめ、髪の一房を……!!!!

「っの、不届き者があああ!!」
「ごっ」

女の顔面を剣の束で殴り飛ばした。
おかしな音を立てて壁にぶち当たる女。
ぐったりと横たわるその髪を引っ掴み、持ちあげる。
辛うじて息がある。しかし虫の息だ。
私はそれを止めるわけにはいかなかった。
いくものか。
いかせるものか。
許してなるものか。
この女は何をしたか。
何を。
よくも、私の、よくもよくもよくも!!

「貴様!貴様が、何を!何をしでかしたのか!理解できんだろう!!私の!貴様はよくも人間の分際で私の!!」

自分の口からするすると滑り出る言葉が耳に届くも、その意味が入ることはない。
もしくは単に意味をなさない言葉を叫んでいたのかもしれない。
しかし私は抑えきれない衝動のまま、女の頭を揺さぶり叫ぶ。
喉が潰れんばかりに叫ぶ。
足元に私の髪が落ちている。
ほの暗い礼拝堂の中であって、それは奇妙な存在感を放っていて、浮いていて、そのことが私の脳を余分に痺れさせることとなった。

「楽に死ねるとはゆめゆめ思うな!?聞いているのか貴様!!」

あ、だとか。う、だとか。
女の口からは細切れになった音しか漏れ出ることはない。
だが私はなおも叫ぶ。
血反吐のような憤懣を吐き出さずにはいられなかった。
寛容に受け止めるには度が過ぎた。
それほどまでにこの《疵》は深く抉れていた。
だから、だからである。
私は周囲の空気が変わったことに無頓着でいた。
私は気配の一つが忍び寄ることを気にも留めなかった。
私はその一つが、私に向かって駆け出すのを放置した。

「っ……わああああ!!」

耐えかねたような咆哮。
視界の隅でやはりきらりと光るものが見えた。
近付くそれ。男が一人。
どうでもいい。
私は如何様にしてこの女に罪を償わせるかにしか興味がない。
雑魚一匹。私の危機。手放しで問題あるまい。何故ならば。
突風。
肉を断つ男。
そしていくつかの悲鳴。
叫ぶ私の足元に、男が一つ転がった。
胴体を真一文字に切り裂かれ、おびただしい血を噴き出しながら命の名残の痙攣を続けている。
無様なその末路に、幾分かの鬱憤が癒えた。
まあこんなものだろう。
我が忠臣たちは漏れなく主の危機に敏感だ。結界くらい根気で破ってくるものと踏んでいた。
しかし私はその援軍の姿をようやく目にし、拍子抜けする。

「なんだ……ジンが来ると思っていたが、お前か」

援軍は何の言葉も発しなかった。
それは黒い甲冑である。
男か女かさえも判別がつかない。
全身を隈なく覆う黒金は頭部すら例外ではなく、中身の表情など窺い知れない。
だが私はその中身を知っている。
嫌というほどに知ってしまっていた。
だからこそ、この援軍は打ってつけであると思われた。
気絶しぴくりとも動かない女を床に横たえる。
そして黒の甲冑に向き直る。笑顔を向ける。

「まあ何、褒めて遣わそうぞ」


満面の、愛しい者に向けるものに極めて近くした、混じり気のない純粋な笑み。
悦びを隠そうともせず、私は両手を広げて歓迎する。歓待する。悪意をもって。

「騎士アーサーよ」

魔王に刃を向けし愚人。

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

Re: タイトルなし

ジンは事あるごとに出てきて苦言呈するだけの役割になりつつあるので、打開したいなー次あたりでーとぼんやり考えておりますww
今後は原案とは若干変わる部分も出てきます。お楽しみいただけると幸いです(*´∀`*)

  • 2013/02/17(日) 14:47:09 |
  • URL |
  • おつかい #-
  • [ 編集 ]

早いよ( ゜Д゜)

前の話のコメントを書く間もなくきてるしw


また面白くなって来たぞ
そしてジンに小言を言われる魔王の姿見えるw

  • 2013/02/11(月) 16:02:16 |
  • URL |
  • 名無しB #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maomesiuma.blog112.fc2.com/tb.php/40-63e80b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。